56
京都に住むならシェアハウスがおすすめです。シェアハウスってなんだか怖い!と感じている人が多いでしょうが、知ってみればシェアハウスの大きなメリットに気づくはず。今回はシェアハウスについてまとめてみました。

敷金礼金が必要ない場合がなく、すぐに暮らせる

暮らすにあたり大きな不安、それが敷金礼金の問題です。アパートなどを借りる場合、敷金礼金の確保が大切になってきます。なぜなら大体のアパートなどは敷金礼金の支払いが必要な場合が多いからなんです。部屋探しをする人の不満の多くがこの敷金礼金にあります。敷金のほうは退去時に部屋をきれいにするためのものなのでまだ理解できますが、礼金のほうは大家さんに対するお礼という意味不明な文化であり、しかも敷金と違って半分帰ってくることもありません。

礼金はもはや風習となっている制度で払うことにあまり意味がありません。敷金に関してもあまり汚していないのにお金を払わなければいけないのはなんだか納得がいきませんよね。でもシェアハウスの場合は大丈夫なんです。シェアハウスの場合は敷金礼金が免除される場合がほとんどなんです。つまり家賃や光熱費などのすぐに暮らすためのお金のことだけを考えていればいいので、スピーディーに一人暮らしをすることができます。

協調性が養え、コミュニーケーション能力が上がる

独り暮らしの欠点に協調性の欠如があげられます。特に京都は言葉で言わずに空気で察する地域なので、協調性がなくなることは暮らすうえで大きなデメリットを生み出します。空気が読めない人は京都で暮らせない!ともいわれるので協調性は絶対に必要。

その点シェアハウスは安心です。シェアハウスなら常に人との付き合いが必要になってくるので、協調性を養うのに最適なんです。何をするのも住人同士の話し合いが大切になってきますからね。特に女性の場合、一人暮らしに慣れてくると協調性がなくなり結婚生活が困難になることがよくあります。シェアハウスは、人とのコミュニーケーションが必須になるので結婚生活の練習にも役立ちます。

結婚を意識している女性ほどシェアハウスに住むことは大きなメリットを生み出します。様々な性格や個性を持った人たちとの交流の中で女子力を磨いちゃいましょう。住人達と家事を分担することで家事力も身につきますよ。初めての一人暮らしはドキドキもの。金銭的な面においても不安だらけですよね。そんな貴方を安心させてくれるのがシェアハウスの存在です。ぜひご検討くださいね。